〜ブリングシステムとは〜

基本的施工
  • 水 を使ったベイト剤です。(含水率150%)短期間(約2ヶ月) で巣を壊滅します。
    BOX数が 1〜2個 で駆除できます。
    ※イエシロアリ専用の駆除工法です。
はじめに
  • ブリングシステムは、住友化学(株)、有恒薬品工業(株)、廣瀬産業(株)、その他多くの関連会社の協力を得て開発された『イエシロアリ駆除専用』のベイト工法です。イエシロアリの生息に必要な水を利用した駆除方法で、短い期間でイエシロアリの巣が崩壊します。これからブリングシステムの開発、商品概要、施工事例を紹介します。

イエシロアリの生息に重要な水を利用した駆除方法です。

  • 西日本に生息し、家屋に過大な被害を与えるイエシロアリは、10万〜100万匹の集団で活動し ています。イエシロアリの生息には水が重要で、水が無いと2週間で死滅 します。そのため常に水取場を確保し、1週間に1〜2Lの水を運搬摂取しています。
    この習性を利用し、イエシロアリの被害部に新しい水取場(ブリングボックス)を設けることで、シロアリを大量に集めることが出来ます。集まったシロアリは、水を多く含んだブリ ングベイト(毒餌)を大量に摂取し、短い期間で全て死滅します。これが 水を利用したベイト工法、ブリングシステムです。
    ※ベイト工法はシロアリに毒餌を運搬摂取させ、巣を内部から壊滅させます。 ベイト剤は駆除剤であり、予防効果はありません。ベイト剤使用後、土壌処理、木材処理など の防蟻施工(薬剤処理)をお勧めします。
    ※ベイト剤と防蟻処理を同時に行うと、ベイト剤の運搬摂取が妨げられ、巣の壊滅が難しくなります。薬剤処理はベイト剤による駆除が完了してから施工してください。
    ※薬剤による予防処理を避けたい方は、家の周辺にステーション(ブリングトラッパー)を設置し、定期的に点検する維持管理工法をお勧めします。

ブリングボックス

  • ブリングボックスの大きさは、295×375×38(mm)で、蒸煮材ボックスと断熱蓋で構成されています。 ボックスはシロアリが非常に好む唐松の蒸煮材を使用し、ダンボールを利用した誘導部を設けられています。この組合せで、設置後直ぐに、シロアリをボックス内へ誘導します。

ブリングベイト

  • ブリングベイトは、A剤、B剤の2種類からなっており、A剤が白色コイン状、B剤が薄褐色粉末にな っております。このA剤、B剤は水を150%加水含有でき、シロアリがベイト剤を運搬摂取するための重要なポイントです。

ブリングベイトA剤

  • 形状:白色固型コイン状(直径20×厚さ3.2mm)
  • 容量:160g(約190個)×3袋
  • 成分:ビストリフルロン、蒸煮材粉末、増量剤

ブリングベイトB剤

  • 形状:薄褐色粉末
  • 容量:40g×3袋
  • 成分:ビストリフルロン、蒸煮材粉末、増量剤

〜シロアリ駆除薬剤〜 バクトップ MC [ES]

仲間のシロアリへの伝播   ~シロアリの体表に付着したカプセルが、仲間に効果を発揮します。~

低臭性

  • 極めて臭いの少ない製剤です。

速効性

  • シロアリに対して速やかに作用します。

土壌残効性

  • 長期残効性に優れています。

作業性

  • 乳剤ち同様容易にできます。

安全性

  • 有効成分がマイクロカプセル内にとじこめられています。

保管が容易

  • バクトップ MC [ES] は普通物で、かつ消防法上の危険物に該当しません。

低臭性

  • 極めて臭いの少ない製剤です。

SUB MENU

白蟻の被害写真ギャラリー

CONTACT

〒850-0811
長崎市矢の平1-14-15
TEL:095-822-8436
FAX:095-822-8488
↓E-メール↓
ootasiroari@ari.bbiq.jp

FACEBOOK

QRコード

大田白蟻研究所